岸井メソッド

開発者プロフィール

企業に精通した30年現職カウンセラー 岸井たみえ

企業にて人事・労務・組合の職務キャリアを経て、心療内科にてカウンセラー職として
従事。近年うつの症状を訴える患者さんが増え始めたことを実感し、企業の管理職向け「部下をうつにさせないためのメンタルヘルス」研修等、企業の人事労務総務スタッフ支援を行い、うつの予防に力を入れている。
現在「共済と保険」にて職場のメンタルヘルス掲載中。 

独自のカウンセリングアプローチ

最新の心理学及び行動科学分野における様々な視点や有効性の実証された手法を十分駆使しています。例えば、マインドフルネス認知行動療法、応用行動分析、グループダイナミクス、システム理論、建設的直面化、動機づけ面接、ブリーフインターベンション、コーチング等の手法をはじめ、個々の多様な問題に積極的に介入し、適切な手法で解決へと導きます。また、ポジティブ心理学をベースとした短期カウンセリングも提供しており、ストレスや問題・悩みの解決のみならず、目標達成やキャリアアップ等、健康な方がいきいきとしたワーク・ライフを送ることができるため、更に豊かな生活を目指すためのサポートも行うことが可能です。

パートナーシップ

みらい総合心理研究所では、一定の基準に到達し、かつカウンセリング事業を開始する修了生とはパートナーシップ契約を結んでいます。

 

パートナーシップ契約とは、必要とされるケースや企業のメンタルヘルスの対応には「チームとして対応する」という考えに基づいた契約です。

 

カウンセラーのスキルは資質の問題に帰結しますが、それ以上に重要なのが経験則です。

 

特に社員の不調が組織全体に影響を及ぼす可能性がある企業においては、経験値というデータベースが有効だと考えるからです。

 

みらい総合心理研究所とみらいNumaguchi Roomはチームとして、地域の皆様のメンタルヘルスと企業のポジティブヘルスに貢献することをお約束いたします。

 

みらい総合心理研究所

所長 岸井たみえ