Privateカウンセリング

悩みは「生きること」を考えるきっかけに過ぎない

しかし、悩みの海に溺れてしまっては悩みの本質を見失うことになります。
悩みをコントロールする力をつけるのです。
荒波や強風(悩み)の中で浮かぶ帆船は、帆をうまくコントロールして乗り切っていきます。
荒波や強風(悩み)を乗り切った船はコントロール力をつけ、穏やかな航海へと出発していきます。 みらい総合心理研究所は「悩み」を生きる為のメリットとして考えます。

それぞれに合ったカウンセリング

問題を抱えている人はつらい それを見ている人もつらい
悩んでいるとき、人は孤独を感じます。
ひとりで悩み「誰もわかってくれない」と思ってしまいがちです。
でも、ひとりで苦しんでいる人の周囲の人も、そのつらさを思い、悩み苦しんでいます。

問題を抱えている人の悩み  見ている人の悩み

どちらも、苦しくつらい気持ちに変わりないのです。
悩みを抱えている人もそれを見ている人も、安心して話ができる存在が必要です。

カウンセリングは誰でも受けられる権利があります。
深刻な悩みの方だけのものではありません。
もっと身近に感じてください。

前向きになれるカウンセリング(ストレス耐性能力UP)

カウンセリングでカウンセラーと話をしていくなかで、自分の悩みや考え方がはっきりし、楽になります。カウンセラーがサポートすることで自ら問題解決していけます。

悩みが明確になり、楽になる。

カウンセリングで自分を見つめていくと自分の悩みや考え方のクセがはっきりし、自己理解が深まるため、悩みや問題に対しての解決能力が養われます。 そのため悩むことが怖くなくなりパニック(動揺・焦り・不安)が薄れ、前向きな考え方を冷静に模索できるようになります。

対人関係が円滑に

カウンセリングで「自分自身」を具体的に理解すると、人間関係で無理をしなくなります。考え方の視点が変わることで心の余裕ができ、 自分のことも相手のことも大切に考えられるようになります。そのため関係性がスムースになり、対人関係が円滑になります。

自分らしさの発見

人に対し無理をしないで接することができるようになると、相手のあなたへの接し方も変化します。自分と関わる人の接しかたが変化してくるカウンセリングを通して、 あなたは「自分らしさ」に気づきます。「自分らしさ」に気づき自分を受け入れられるようになると、人とよりより関係性を積極的に築くことができます。