Privateカウンセリング

Q.保険は利用できますか?

A.医療機関ではございませんので、保険はご利用できませんが、  どなたにもカウンセリングを受けていただけるよう、低額でカウンセリングを行っております。

Q.お薬はいただけますか?

A.ご相談内容や症状によっては投薬が必要な方もいらっしゃいます。

そのような方の場合は連携 している専門医療機関をご紹介致します。
カウンセリングと医療の連携により、症状を改善していきます。

Q.いつまでに予約すればよいのですか?

A.当日でも空きがあれば予約は可能です。

しかし、ご希望の時間を確実にお取りになりたい場合は、お早めにご予約ください。

Q.回数の目安は?

A.相談内容や症状によって、またその方の性格や行動化の有無、

目的達成度によって回数は変わります。
詳しくは担当のカウンセラーとご相談ください。

Q.家族のことで困っています。 本人に言っても行きたがらないのです。どうすればよいのでしょうか?

A.まずはご家族の方がお越しください。

家族のコミュニケーションや生活パターンなどを見つめ直し、
本人の問題を家族全体の問題としてとらえ、解決の方向性を探ります。

Q.どうしてカウンセリングで心の悩みが解決できるのですか?

A.あなたはカウンセラーと話しをするだけで、気持ちの整理ができるのです。

「悩む」ということは例えて言うと心の糸が絡まっている状態です。
カウンセラーはその糸のからまりを整理する役割です。
当然、あなたが悩みを話すだけで、悩みの糸口がみつかります。

Q.心の悩みや問題を人に話すことに抵抗があるのですが…?

A.心の悩みや問題は人には知られたくないもの。

そのため誰にも話せず一人で悩んでしまう人が多くいます。
しかし勇気を出して人に話すことができれば、その時変化が始まり解決への第一歩を踏み出したと言えます。カウンセリングを受ける人は、変わりたい、成長したいという願望のある人です。

Q.カウンセリングで叱られたり、強要されたりするのですか?

A.相談者が自分のペースでカウンセリングを進められます。

相談者は何でも話したいことを話せる自由があります。
また話したくないことは話さなくていい自由もあります。
カウンセリングを続けるか、終わりにするか、カウンセラーを変えるか、なども全て相談者が決められます。そして問題を解決するのも相談者でありそのお手伝いをするのがカウンセラーの役割です。
カウンセラーの考え方を押しつけたり責めたりするのではなく、

カウンセラーと相談者がいっしょに新しい考え方を探していくのがカウンセリングです。

Q.家族や他人に知られたくないのですが、大丈夫ですか?

A.相談者のプライバシーを守ることは、カウンセラーの責務です。
相談者の情報はご本人の了解がないかぎり、ご家族、会社関係に提供することはございません。
詳しくはこちら(プライバシーポリシー)をご覧ください。